歯の矯正ってお金がかかるって聞いたけれど本当ですか

歯列矯正は保険適用外の治療になるので

歯列矯正は、基本的には見た目をよくする治療になります。ですから、病気を治すのとはわけが違います。なければなくても、健康面であまり大きな影響はないのです。したがって、歯列矯正は生まれつき何か重大な症状が発生しているのでもなければ、基本保険適用外の治療だと言えます。 保険適用外の自由診療なので、もちろん費用は十割負担です。そもそも非常に高額になりがちな治療法なので、大人になってからやるのであれば200万円程度のお金は用意しておくのがいいでしょう。矯正器具だけで矯正ができればいいのですが、いらない歯を抜いたりして、またそこにインプラントを埋め込むなどすれば、さらにお金はかかってしまいます。見た目が重視される仕事についている人たちは、歯に数百万かけるのが普通になっています。

矯正しながら他の治療も進めていくのが普通

歯列矯正をして歯並びがよくなっただけでは、見た目を美しくすることはできません。同時にホワイトニングもしなくてはいけませんし、欠けた歯があるなら審美歯科でダイレクトボンディングやラミネートベニアなどの治療を受けなくてはいけません。また、抜けた歯があればインプラント治療が必要ですし、総合的に歯を綺麗にするためにさまざまな治療法を並行して行わなくてはならないのが普通です。 したがって、矯正だけにお金をかければいいというわけではない点に注意が必要です。その他もろもろの治療も行わなくてはならず、それらの治療もほとんどすべてが自由診療になる点に注意です。これが、矯正治療がお金がかかる原因の一つなのです。単純に歯並びをよくするだけなら、費用はそれほど膨らむものではありません。