子供の歯の矯正は何歳から始めたらいいの

矯正は何歳から出来る?

お子さんの歯並び、ママやパパからすると、とても気になりますよね。前歯の間があいているすきっ歯、歯並びがガタガタな乱杭歯、犬歯が外側に飛び出てしまった八重歯など、お悩みの種類も様々です。大人になってアゴが大きくなれば改善するのだろうか…それとも少しでも早く治療した方が良いのか…。親御さんからすると悩ましいですよね。 歯の矯正に関しては様々な考え方がありますが、一般的には永久歯が生え始める6歳前後から始められると言われています。永久歯が生えそろうのは15歳前後ですから、それ以降は大人の矯正と同じような手順になりますね。アゴの発達や歯の生え替わりを観察しても、どうみても歯が並びそうにない…という状態なら、早めに歯医者さんに相談してみてはいかがでしょうか。

いつ始めるのがベスト?抜歯は必要?

従来の歯列矯正の考え方では、永久歯がある程度生えてから治療を始めることが多かったようです。ある程度歯並びが完成した時点で始めますから、そこで歯の並ぶ隙間がなければ、当然抜歯しなければ歯を並べ替える隙間もありません。勿論、体の成長が終わり永久歯が生えそろってみると、歯並びもずいぶん改善していた、という場合もありますから、様子を見ることのメリットもあります。 一方、乳歯のうちに治療を始めれば、成長を考慮しながら歯並びを誘導できるので、抜歯せずに済むという可能性が高い、という考えもあるようです。デメリットとしては、成長が終わらないうちに治療が終わっても、また歯並びが動いてしまう可能性が高いことです。 歯並びや体格は個人差が非常に大きいので、信頼できる歯医者さんによく相談することが大切ですね。