最近話題の歯の矯正のテクニック

マウスピースを使った矯正方法

歯の矯正といえば、ワイヤーが見た目にもよくないし、痛みがあるかもしれないので心配など、費用や治療時間の長さ以外にも躊躇してしまう理由を探し出すことは容易です。しかし、技術の進歩とともに新しい治療方法が次々登場しています。最近話題の矯正方法はマウスピースを使って歯並びを治します。ワイヤーを全く使わずに食事や歯磨き以外はマウスピースを装着し、矯正用のゴムなどを使って治療をしていきます。 マウスピースは透明ですので、ワイヤーのように目立つことはありませんし、痛みもワイヤーに比べると軽減されます。また、マウスピースは取り外し可能ですので、歯磨きがしっかりできるため、虫歯になる心配も軽減することができます。

ワイヤーで一部の歯だけ矯正

今までの矯正治療はワイヤーを歯全体に通して行うことが普通でしたが、最近では、気になる箇所だけにワイヤーを通して治療ができるようになりました。そのため、痛みが発生したとしても今までのように歯全体ではなく部分的になります。また、この治療方法にすることで、治療する歯以外に装置を装着する必要がありませんので、歯磨きも楽になりますし、マウスピースと同様に虫歯になる心配が少なくなります。 さらに、ワイヤーを使用するときでも、歯の外側ではなく、内側だけにワイヤーを装着することができます。矯正治療中でも外からは見えなくなりますので、他の人の目が気にならずに治療を進めることができます。ワイヤーが気になるという悩みも解決します。