これだけは知っておきたい歯の矯正

歯列矯正は根気が必要です

悪い歯並びを正しい位置に戻してあげるのが歯列矯正です。歯は骨の一部、それを動かすとなると大変な労力が必要となるのです。程度にもよりますが、大変な痛みを伴って顔全体がむくんだり頭痛がしたりするケースもあるほどです。 ワイヤーで固定するタイプの矯正が最もメジャーですが、この方法ではどんなに早くても1年は器具を装着し続けないといけません。それに装着が終わって器具が外れても、歯は元の位置、つまり乱れた歯列に戻ろうとするので、それを防ぐための器具はさらに付け続けないといけないと根気がいる作業なのです。 さらに歯列矯正は健康保険が使えないので、数十万円単位の高額な治療費がかかります。痛い、時間がかかる、高額といいところのない歯列矯正ですが、矯正できれば素敵な口元になれるのです。

歯は一生ものであることをお忘れなく

今ではワイヤーを使った歯列矯正だけでなく、歯を削ってクラウンを被せて歯列を整えるクイック矯正なども登場しています。これまでは数年かかった歯列矯正が、この方法なら1ヶ月もしないで終わるといったことから、こちらを選ぶ人も増えています。ただ、ここでわかってもらいたいのが歯を削るという事実です。乱れた歯列の矯正のために大事な自分の歯を削らないといけないのです。場合によっては神経を抜くこともあるでしょう。一旦神経を抜いた歯はもろくなって虫歯になりやすいと言われています。つまり短絡的な考えからクイック矯正を選ぶのは間違っているということです。 もちろんクイック矯正はすぐに1本からきれいにできる優れた方法です。ただ、自分の大事な歯を削って寿命を縮める可能性があることはわかっておくべきです。